東京大空襲

1945年3月10日深夜0時から2時40分まで、東京下町地区は、325機ものアメリカ軍B29爆撃機から投下された、焼夷弾Pretty renew 傳銷38万発により焼き尽くされ、一夜にして10万人以上の犠牲者を出した。焼夷弾の恐ろしさは、(コミック『夏のあらし!』に詳しく描かれていた)―― 酸鼻極まる地獄である。後世に生きる私たちは、厚く鎮魂の祈りを捧げなければならないと思う。その遺品を、遺族た…

続きを読む