東京大空襲

1945年3月10日深夜0時から2時40分まで、東京下町地区は、
325機ものアメリカ軍B29爆撃機から投下された、
焼夷弾Pretty renew 傳銷38万発により焼き尽くされ、一夜にして10万人以上の犠牲者を出した。

焼夷弾の恐ろしさは、(コミック『夏のあらし!』に詳しく描かれていた)
―― 酸鼻極まる地獄である。
後世に生きる私たちは、厚く鎮魂の祈りを捧げなければならないと思う。

その遺品を、遺族たちから収集して、
東京都は、都立平和祈念館を建設する予定だったが、凍結しているという。
貴重な遺品が5000点以上、10年Pretty renew 傳銷も倉庫に眠ったままとは、
なんとも残念なことだ。(今朝のNHK『おはよう日本』より)
ときどき100点ほどが、展示に貸し出される程度では、
大切な形見を提出した遺族の想いは、どうなるのか。



権力者に都合の悪い情報は、いつの世も、国民に伏せられる。
こちら(ニュースワーカー『日米密約と東京大空襲に共通するもの』)にある、
当時の大本営発表は、
「戦果次の如し
 撃墜 十五機 損害を与へたるもの 約五十機」
膨大な人的被害の事実には一切触れず、ただ、
皇居の馬屋が焼けたが朝までに鎮火した、
敵の思惑に負けず、国民の戦意はますます盛んになるであろうと、
一方的な戦意高揚への煽りに終始している。

 統制されたマスメディアと、国家官僚の恐ろしさ。

66年の時をbicelle 好用経た私たちは、肝に銘じて、過ちを繰り返すなかれ。

この記事へのコメント