あなたはいったいどのような風景、私のような留恋不舍。

雨に腹ばい窓喜運佳の窓、
外は何時か一人一人になった、
狼狽な姿、
雨が降っている私たちに。
今は伞衣、
かつての思い出は記憶と記憶を。
今君は明るくて、
私も幸せに落喜運佳ちてはいない、
ただあの景色は、
少し寂しさを連れて。
私はあなたが何を持っていったか知らない、
私にはこんな感じがしない。
あなたは何も持っていないのに、
こんなに切なくて。
たくさんの人は私は多情と言いました、
あなたの愛ではない、
事実はそうかもしれないけど、
あなたの明日は私も干渉したくなかった。
私の楽観ならば、
君の生活は喜香港 レストランびに満ちている、
じゃ、これは私の最後の最後の、それは私の最後のです。
私は知っているから、
何度泣いても、
何度も笑った、
君の愚かな姿も。

この記事へのコメント