あなたはいったいどのような風景、私のような留恋不舍。

雨に腹ばい窓喜運佳の窓、外は何時か一人一人になった、狼狽な姿、雨が降っている私たちに。今は伞衣、かつての思い出は記憶と記憶を。今君は明るくて、私も幸せに落喜運佳ちてはいない、ただあの景色は、少し寂しさを連れて。私はあなたが何を持っていったか知らない、私にはこんな感じがしない。あなたは何も持っていないのに、こんなに切なくて。たくさんの人は私は多情と言いました、あなたの愛ではない、事実はそうかもしれ…

続きを読む

恋人なんか、いりません・・・らしい

近頃の恋愛・結婚事情、昨夜、NHKの番許智政組を観た。恋人がいない人にアンケート調査すると、半分に近い人は、恋人は、いらないらしい。とても、若くてかカワイイ社会学者が出演して、解説していた。まるで、メードカフェのウエートレスか、コスプレのアイドルみたいな、そんな、現役教授だった。彼女のルックスの意外性に、そっちのほうが、驚いた。社会学には、ぴったりかも知れないが。まあ、それはヨシとしよう。レポー…

続きを読む

アンチ・アンチエイジング派です

最近、とつぜん、アタマの中で、ぴっと、つながることがある。ノーベル賞を受賞した研究者が、寝ていてふと起き上卓悅Biodermaがった時や、何かを足でまたいだ瞬間に、ピンとくる、というか、電球がぴかっと光るかんじだ。あ、そうだったのか。と、目からウロコがぽろぽろ。わたし独自の人生セオリーを発見する。ある時は、台所の流し台に立っていた時、またある時は、義母の一方的マシンガン・トークを延々と聞いていた…

続きを読む